小柏川橋ってどんな橋?

小柏川橋は、何十年もの長い間使用していくことを考慮して、凍結抑制剤※散布によって橋が傷むことを防止する工夫を施し、高耐久な構造物とする対策を行っています

※凍結抑制剤の影響 ⇒ 凍結抑制剤は、冬期間の道路に散布して路面の凍結を抑制しますが、一方で、塩化物がコンクリート内に侵入し鉄筋を錆びさせ、コンクリートにひびが入ってしまうことがあります。

地域への取り組み

安全への取り組み

小柏川橋上部工工事では、無事故無災害を達成するため『安全の見える化』に取り組み、その一環として様々な対策を実施しています!